スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 小池徹平フィルモグラフィーの逸話
2008.11.02(Sun)
FROM:日本映画 vol.3 2008.11

―MOVIE―

誰がために
2005
as少年・山岸達也


記念すべき映画初出演作。
彼のトレードマークでもあるかわいい笑顔を完全封印、役者としての力を発揮。

ラブ★コン
2006
as大谷敦士


原作での二人の身長差は16cmだが、藤澤と小池には実は身長差はない。

KIDS
2008
asアサト


現場でもタケオ役の玉木宏とはかなり親しくなって、いつもふざけ合っていたそう。


―TV DRAMA―

天体観測
2002.07
as山田昇


「めちゃくちゃ緊張した」という初演技・初ドラマのデビュー作。
初めての撮影では緊張のあまり、
共演の坂口を前にして、
セリフのないシーンにも関わらず何度もNGを出して自己嫌悪に陥ったそう。
後に彼らは「医龍」で再共演を果たしている。

お義母さんといっしょ
2003.01
as小早川直樹


役作りのために実際にホスト修行などしていたら……と、
思わず妄想が止まらない、キュートなホストぶりは犯罪級。
小栗旬も上野樹里も出演している。

あなたの人生お運びします
2003.04
as小暮芳松


大阪が舞台なだけに、大阪出身の彼の、普段はあまり聞けない大阪弁が聞ける。
ちなみに、第一話では、カニの被り物で登場……(笑)

ヤンキー母校に帰る
2003.10
as村瀬元哉


小池は学園の生徒役だが、義家先生(竹野内豊)のクラスではないため出番は多くはない。
このとき共演した、同じ立場の速水もこみちと
「いかに目立つか」を日々相談していたのだそう。
その努力は報われているか?

ウォーターボーイズ2
2004.07
as岩田巌男


水泳は苦手だったので猛特訓したという。
余談だが、実は小池、ドラマ版「ウォーターボーイズ」第1作のオーディションには落ちてしまっていたそうで、本作はリベンジでもあり(?)

放課後。
2004.11
as小宮要


小池は、図書室の受付系なのにいつも漫画を読みふけっている、
ちょっと不真面目な小宮を飄々と演じる。

ごくせん2005
2005.01
as武田啓太


髪の毛を数カ所ピンで止め、濃いメンツの中でもひときわ目立っていた。
このピンが好きだという彼らしく、自分で提案。

ドラゴン桜
2005.07
as緒方英喜


バンドを組んでいるため教室でも常に赤いギター片手。
このうえもなく派手な高校生です。

鬼嫁日記
2005.10
as沢村亮介


この時期に続いていたドラマ作品では珍しく高校生役ではないのだが、
後から振り返ると高校生役と決別したのは本ドラマだったかも?
(最新映画では中学生役ですが……笑)

医龍~Team Medical Dragon~1&2
2006.04/2007.10
as伊集院登


当時の実年齢20歳にして26歳の役を演じ、
それまで明るく元気!という役柄が多かった彼のイメージを一新させ、
大人の俳優へと脱皮したきっかけとなったといえるドラマ。
デビュー作「天体観測」以来、坂口と再共演し、現場でも仲のいいところを見せていた。

まだ見ぬ父へ、母へ~全盲のテノール歌手・新垣勉の軌跡~
2007.12
as新垣勉


美しいテノールで名曲歌い上げるシーンが大きな見どころ。
普段、WaTで鍛えているだけあって堂々たる歌唱は感動モノ。

シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~
2008.07
as柴田竹虎


藤木直人、塚地武雄、大後寿々花ら共演者と仲良くなり、
オールアップ後には涙ぐんでいたそう。
ちなみに、最終回、本当の黒幕と対決するシーンは横浜ベイホールでのロケだったのだが、
ここは偶然にもWaTがデビュー後に初めてライブした会場でもあり、
彼にとって感慨深い場所。

ホームレス中学生
2008.07
as爽やかな男


ドラマ版では田村少年とたこ焼き屋ですれ違う、
通りがかりの"爽やかな男"(役名なし)として、一瞬だけ特別出演。
映画版とのギャップと見比べるのもお楽しみ♪
スポンサーサイト
// 23:25 // 雑誌。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。